Creating a new conscious paradigm through technology

日本発、意識のテクノロジーを世界のインフラへ

≫会員登録-NANASAWA Membership

≫七沢研究所アーカイブス(賛助会員専用)

≫メルマガ登録-イソノミヤメルマガ


Please scroll to see the contents.

七沢研究所とは?

意識のテクノロジーを拓く

22世紀に向けて、船を進める現代の科学。

その探求は、「電磁波」や「素粒子」、すなわち、「振動」「周波数」や「時空の最小単位(プランク定数)」の次元を終え、新たな次元へとシフトしています。

ヒッグス粒子の発見より後の、素粒子の発見の試みは、重力波、ダークエネルギーといった、未知のエネルギー、素粒子を対象とします。そして、それらは、五次元以上の次元からこの次元に影響を与えているといわれています。

すでに、「意識」であり「場」、すなわち、「生命」であり「存在」「創造」そのものの探求の世界へと、時代はシフトしています。


コペルニクス的大転回の先にあるもの

AI、VR、暗号通貨、あらたな時代のツールは、私たちの関心を、私たちを成り立たせている意識そのものへとシフトさせています。コペルニクス的大転回の先にあるのは、「意識の時代」です。

私たち七沢研究所は、その創設以来、日本古来から受け継がれる和の教えをベースに、意識を扱う、テクノロジーでありシステムの探求を継続してまいりました。

その成果を、今後、社会のより良い発展のために、「公の精神」をもって提供させていただきます。私たちは、利益追求の事業ではなく、公の事業を行います。


和の叡智が、人類を意識進化させる

私たちは、物質的な存在ではなく、意識的な存在。意識をテクノロジーにすることで、私たちは、自らをよく知ることができます。

1990年代に「サイバースペース」が生まれましたが、それらの空間を包括する概念として、「意識空間」があります。意識空間内において、人は初めて自由自在に活動できます。すべての先端技術は、意識空間内の視野を拡大させています。

七沢研究所は、意識のテクノロジーの探求を通して、人類の意識進化に貢献します。


What is Nanasawa Institute?

Pioneering a technology of consciousness

Modern science is going on a voyage towards 22nd century.

Its quest has already shifted to a new dimension from the dimension of electromagnetic wave and elementary particle, which is to say, a sphere represented by vibration, frequency, and Planck constant, or a minimum unit of space-time.

The endeavor to discover a new elementary particle after Higgs' particles is targeted at unknown energy such as gravitational waves and dark energy, which are considered to influence this 4th dimension from higher dimensions.

Humanity has already entered an era in which to demystify its consciousness and life field, which is to say, what life, existence, and "creation" are.


Beyond the Copernican revolution

The advent of new-age tools, such as AI, VR, and cryptocurrency, has led our interest to human consciousness, which underlies our existence. Beyond this Copernican revolution is the age of consciousness.

Since its foundation, Nanasawa Institute has continued to explore technologies and systems dealing with consciousness, based on the ancient teachings that have been handed down through generations to contemporary Japanese people.

We provide the results we obtained for the welfare and development of the future society.


Contribute to the evolution of human consciousness

We human beings are not a physical existence, but a conscious existence. By technologizing consciousness, we are able to know our true beings.

In 1990, humankind invented cyberspace. It is included in its broader concept of "conscious space", without which we are unable to act at our own will. State-of-the-art technology is expanding our horizon in conscious space at every moment.

Through exploration of technology of consciousness, we contribute to the evolution of humankind.


Vision & Concept

Projects

Team

Article

賛助会員専用サイト 七沢研究所アーカイブス

Jul 2018

d.M Labo Report006 20180713

d.Mにおける視野と作用メカニズム 2

IsakaArtReport 20180710

【井坂健一郎展】 “玉響(たまゆら)のかをり”

d.M Labo Report005 20180706

システムコーチングとd.Mの親和性

-d.M Labo Meetingより-

LOGOSOUND LaboReport 002

神楽坂で体感する宇宙の音色

Jun 2018

d.M Labo Report004 20180629

d.M Labo Meeting Report

-システムコーチングの心理作用-

d.M Labo Report003 20180622

d.Mにおける視野と作用メカニズム 1

LOGOSOUND LaboReport 001 20180622

満月の夜に時代の転換を体験

d.M Labo Report002 20180615

d.Mとマインドフルネスの

心理的メカニズムの比較1 開眼/閉眼

d.M Labo Report001 20180608

d.Mとマインドフルネスのルーツの違い

Monior 20180601

LOGOSTRON Möbius Tablet BETTEN モニター募集開始(賛助会員限定)