ISAKA Ken-ichiro

井坂健一郎

Research Fellow - 研究員


Profile

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻 修了

筑波大学大学院博士課程芸術学研究科芸術学専攻 単位取得


美術家・国立大学法人 山梨大学大学院 教授(専門分野:絵画・インスタレーション・アートプロジェクト)

銀座三越、新宿伊勢丹、山梨県立美術館、秋山画廊、ギャルリー志門 等での個展、国内外でのグループ展、アートプロジェクト多数

  • 1999年 ARTEX PARIS '99「Prix Special」受賞
  • 2000年 Le coeur du Japon et l'art contemporain「Prix Special」受賞
  • 2003年 読売新聞 ベスト クリエイターズ 選出
  • 2010年 公益信託 大木記念美術作家助成基金 授与
  • 2015年 山梨大学優秀教員奨励制度 表彰


Projects

Documents

  • 共著『日本中小學一般藝術教育之制度與模式』, 1999年, 國立臺灣藝術教育館(台湾),(担当部分:「日本的藝術系統大學概況與師資的培育」, pp.130〜133, pp.236〜241)
  • 共著『絵画の教科書』, 2001年, 日本文教出版,(担当部分:「リサーチ•ワークブック」, pp.350〜351)
  • 共著『美術鑑賞宣言 学校+美術館』, 2003年, 日本文教出版,(担当部分:「インスタレーションの鑑賞の観点 -演習によって養う鑑賞眼」, pp.338〜341)
  • 共著『形』No.270, 2003年, 日本文教出版,(担当部分:「脱•マニュアル化=自分の美術」, pp.8〜11)
  • 共著『感性の論理とその実践-3 美術科教師教育学の研究』, 2007年, 大学教育出版,(担当部分:「インスタレーションとパフォーマンスの学習活動について」, pp.200-207)
  • 共著『図画工作・基礎造形 -美術教育の内容-』, 2016年, 建帛社,(担当部分:第2章 絵画の学習「2-3 見て描く-静物,人物などを中心に」,「2-6 想像をかたちに-想像画の制作」.「2-15 水彩画・アクリル画の表現」. 第9章 美術活動の広がり「9-8 現代アートの体験-インスタレーションの試み」)
  • 単著「リサーチ•ワークを活用した学習システム構築と美術系大学の入試制度改善への提言」,『ゼロレポート』, 2004年, 東京芸術大学 第0研究室
  • 単著「美術館でのワークショップにみる理想的なあり方」,『みなび5年間のあゆみ』, 2007年, 山梨県立美術館

Exhibition

【おもな個展(2000年以降)】

  • 2000年 井坂健一郎展 “ANOTHER FACE”(秋山画廊, 東京)
  • 2002年 井坂健一郎展 Landscape Ⅳ 風景論(ペッパーズギャラリー, 東京)
  • 2003年 井坂健一郎 ASIAN STYLE Ⅳ(ペッパーズロフトギャラリー, 東京)
  • 2004年 井坂健一郎 “White Room”(ギャラリー ザ ギャラクシー, 山梨)
  • 2005年 井坂健一郎 “Behind the Wall”(ギャラリー ザ ギャラクシー, 山梨)
  • 2006年 井坂健一郎 “silence”(ギャラリー ザ ギャラクシー, 山梨)
  • 2007年 井坂健一郎 “ALLUSION-闇の中で”(秋山画廊, 東京)
  • 2009年 井坂健一郎 “ANOTHER FACE”(ギャルリー志門, 東京)
  • 2010年 井坂健一郎展 “風が散らした時間”(銀座三越, 東京) 井坂健一郎展 “光がにじむ時間”(ギャルリー志門, 東京)
  • 2011年 井坂健一郎展 “Zero Point Field”「零外零」(山梨県立美術館, 山梨) 井坂健一郎展 “Zero Point Field”「零外零」(銀座三越, 東京)
  • 2014年 井坂健一郎 “Revelation-ゆらぐ時間”(ギャルリー志門, 東京)
  • 2015年 井坂健一郎展 “水と風がさわぐ時”(銀座かわうそ画廊, 東京)
  • 2016年 井坂健一郎展 “空に結ばれる”(銀座かわうそ画廊, 東京)
  • 2017年 井坂健一郎展 “間にたゆたう”(ギャルリー志門, 東京)

【おもなグループ展(2000年以降)】

  • 2000年 Le coeur du Japon et l art contemporain(Galerie Selmersheim, パリ)
  • 2003年 18th International Art Exchange(The Tablet Gallery, ロンドン) 鏡像として(ウエストベスギャラリーコヅカ, 名古屋) 第8回 旺山開天國際文化藝術祭(旺山造形研究所, 江陵〈大韓民国〉)
  • 2007年 鏡像として 2007(ヴォイス•ギャラリー w, 京都)
  • 2008年 福島現代美術ビエンナーレ2008(福島県文化センター, 福島)
  • 2010年 RE-VISION~循環する美術(プランタン銀座,東京) 街のアート展「蘇生する空間」(旧JRビル, 山梨)〈文化庁主催〉 2010 SPRING三越美術逸品会(ホテルニューオータニ 鶴の間, 東京)
  • 2013年 SNIFF OUT 2013(インテックス大阪, 大阪)
  • 2015年 モンゴル・日本交流美術展(Sant Asar Art Gallery, ウランバートル)
  • 2016年 検証・再考・変貌(元麻布ギャラリー甲府, 山梨)〈文化庁助成事業〉
  • 2017年 Cross Point(ギャラリイK, 東京)


【おもな作品所蔵先】

七沢歯科医院(山梨)、聖和学園高等学校(宮城)、Cilindro(山梨)、和器出版株式会社(東京)、一般社団法人 国際整体協会(東京)、他 多数