Future of LOGOSTRON

時空に浮かぶ石版に、文字を刻む技術とその未来

Technology to imprint our will into space-time


Concept

4次元の文字という発明が世界を変える

脳に直接、言葉を送り込むことは可能か?

この問いを探求する中で、LOGOSTRONの基礎技術は生まれました。その問いの向こうには、「脳」と「周波数」の関係が、次元をまたいで横たわっています。

山梨大学名誉教授で、脳波と瞑想に関する研究の第一人者であった椙村憲之氏との共同研究から、脳に直接作用する「周波数言語」という発想が生まれました。

脳波をモデリングし、音素/音声を周波数(LOGOS WAVE)に置き換えることで生まれたロゴストロン周波数マトリックス。七沢研究所では、これを基にした様々なツールを開発し、それらが生体、意識、精神、社会、自然環境などにどのような影響を与えるのか、日々研究し、新たなツール開発に活かしています。

現在このLOGOS WAVEを、交流電流に重畳させる技術や、プログラムされたLOGOS WAVEを通信機器間で同期させる技術などを開発し、すべての機器の中に、ロゴストロンテクノロジーをいれることで、機械と人のコミュニケーションを最適化するための IoL (Internet of LOGOSTRON-ized things) プロジェクトを進めています。

ロゴストロンツール一覧

Members

七沢智樹七沢清仁石原政樹磯部 航森岡直也杉山 彰畑野 嶺越智和裕、下手裕治 甲斐 学etc.

Documents

Movies

LOGOSOLOGY研究会070 Futrue of LOGOSTRON

七沢研究所アーカイブス-LOGOSOLOGY研究会動画一覧

※ 七沢研究所賛助会員限定

Related projects

Concept

The invention of four-dimensional language changes the world

"Is it possible to send words directly to the brain?"

While exploring the answer to this question, the basic technology of LOGOSTRON was born. Beyond that question lies an inter-dimensional relationship between "brain" and "frequency".

The concept of "frequency language", which acts directly on the human brain, was born in a collaborative research with Mr. Noriyuki Nakamura, Professor Emeritus of Yamanashi University, who was one of the leading researchers on electroencephalogram and meditation studies.

LOGOSTRON frequency matrix took form by modeling brain waves and replacing phonemes/sound of the Japanese language with frequency (LOGOS WAVE). We have developed various tools based on the matrix and studied how they affect human body, mind, and consciousness, as well as society and natural environment, so that we can apply the results to the development of new tools.

Currently, we are developing technologies to superimpose LOGOS WAVE on AC and to synchronize programmed LOGOS WAVE between communication devices. In order to optimize communication between machines and humans, IoL (Internet of LOGOSTRON-ized things) Project is in progress, aiming at implementing LOGOSTRON technology to all devices in society.


cut16.mp4
【未来から来たツール】

22世紀、それは、もうすぐそこまでやってきている。

本当に?
そう思うかもしれない。

けれども、今日、道端ですれ違った、
お母さんに手を引かれた男の子は、
おそらく、22世紀を生きることになる。

平均年齢まで生きれば、
22世紀まで生きる計算になるのだ。

彼らの意識は、22世紀まで到達する。
そんな遠くはない未来。

例えば、こんなツールがあったらどうだろうか?

そのツールは、
自分が実現したいことをプログラムすると、
それが実現するように働きかけてくれる。

多くの人々が、そのツールを使って、
日々、物事を効率よく、実現していっている。

意志の実現は、22世紀においても変わらず、
私の人生のテーマである「使命」を果たすために欠かせない。

なので、そのツールはとても重宝されている。

けれども、そのツールには、
一つの特徴がある。

物事の実現は、
全体の関係性の中で実現する。
だから、その関係性が最適な状態にならない限り、
そのプログラムは実現しないのだ。

例えば、その関係性とは、
私と誰かとの情緒的な関係から、
私と家族とのちょっと複雑な関係から、
私と社会とのドライな関係。

私とのこの地球、宇宙との深淵なる関係性、
さらには、私と私自身の関係といった、
様々な階層のものがある。

それらの関係性に、
「エラー」であり、なにかの「ツマリ」があると、
いくら、そのツールを使っても、
物事はうまく進まない。

「意志」の実現をその「ツマリ」が
妨げてしまうのだ。

なので、

一見複雑に見える
それらの関係性を、
最適に整えることができる
「道具」があれば便利である。

自分が実現したいことをプログラムすると、
それが実現するように働きかけてくれる、
そのツールにとっても、本望であろう。

その「道具」は、この世界が、
次元構造を持った時空間である以上、
「次元」、「時間」、「空間」、
を最適化する道具のはずである。

その「道具」を、意識の中に
インストールするための「概念装置」の
誕生が、望まれる。

そのオーダーにこたえるために、
私たちは研究し開発し、
それらを、全ての生きとし生けるもののために
提供することを使命とする。
A Tool from the Future

The 22nd century is right before us.

"Realy?"

You may think so.

But in fact, if you happen to see a boy passing you on the road, led by his mother by the hand, he will probably live in the 22nd century, as long as he lives up to the average age.

Consciousness of the contemporary people will enter the next century, at some point not far from now.

What if there is a tool like this?

By programming the tool, it encouraged the user's wishes to come true.
Just imagine a number of people using it to make things manifest without wasting time and energy.

Actualization of our remain crucial for achieving our mission in life even in the 22nd century, and so people find this tool highly useful.

However, there is one thing the user has to keep in mind: manifestation of a phenomenon can occur within the context of its relationship with the rest of the world. In other words, unless the relationship is optimized for the whole world, the program does not work.

This premises applies not only to your emotional relationship with someone else, complicated relationship with your family, and dry relationship with society, but also your profound relationship with the earth and the universe, and even your relationship with yourself.

These relationships vary in layers, and if there is any error or block in the relationship, things will not go well, no matter how much do you use the tool. It is because the error or block hinders the actualization of your will.

Therefore, it is convenient if there is a device that can optimize these apparently complicated relationships.

When the user programs their wishes with the device, it works for the wishes to take form. Then, both the user and the tool will be happy. 

Given that the world is a space-time with a dimensional structure, the device should optimize dimensions, time, and space at the same time.

In order to install the device to human consciousness, development of a "conceptual device" is desired.

Nanasawa Institute considers it as its corporate mission to continue research and development in order to meet such demands and utilize the results on behalf of all living things.