Knowledge Mandala System

知へのアプローチ方法の確立

Establishing an approach to organizing knowledge

Concept

「知」というものへのアプローチ方法は、七沢研究所にとって、すべての研究開発の中心にあるものであり、その道が拓かれることで、すべての創造が始まります。知へのアプローチ方法の確立が、七沢研究所そのものの始まりでもありました。

七沢研究所は、その前身の時代から、この「ナレッジマンダラ」というコンセプトをベースにして、さまざまなシステム開発をおこなってきました。

研究開発において、そのテーマの背景を含めたすべての要素を曼荼羅状に網羅し、すべての現象に共通する次元構造を理解したうえで取り組むことにより、テーマの核心に至ります。

あるテーマについて研究開発を行う際に、近視眼的な視点で取り組んでいると、思わぬ盲点に足をすくわれてプロジェクトそのものが頓挫することが少なくありません。しかし、自らの視点がどのような階層にあるのかを客観視することは容易ではありません。

このナレッジマンダラの考え方はあらゆるテーマに応用可能であり、売上一兆円以上の規模で連結子会社を無数に抱える大企業向けに開発されたビジネスパッケージシステム『ビジネスマンダラ』(2000年)、人間の情緒をシステムとして捉える『情緒プロセッサープロジェクト』(2004年)、そして、ロゴストロン・テクノロジーを支える構文構造などに応用されてきました。

私たち七沢研究所は、今後、この考え方を、私たちの研究開発活動のみならず、人工知能の発達の先にある新しい社会システムの最適化、仮想通貨社会における最適な経済システムの構築などに応用していきます。


Members

七沢清仁杉山 彰七沢智樹磯部 航森岡直也 etc.

Documents

  • 特許:国際特許一覧
  • ドキュメント:『ビジネスマンダラ』(2000年)パンフレット一覧
      • ビジネスマンダラ_21世紀へのメッセージ
      • グループ経営情報システム_ビジネスマンダラ
      • グループ経営のためのビジネスマンダラ_統合データベースシステム
      • ビジネスマンダラ_モデリングシステム&アプリケーション
      • ビジネスマンダラ活用ガイド_連結業務革命

Related Projects


Concept

Nanasawa Institute has placed its "approach to knowledge" at the center of its research and development, and all our creative activities have started with the breakthrough by this approach. In other words, Nanasawa institute was born when we established the approach to "knowledge".

Since its predecessor, Nanasawa Institute has developed various systems based on the concept of "knowledge mandala".

In research and development, it is possible to reach the core of research subjects, only when we comprehend all the essences of the subject, including its background, by a mandala form, and thus interpret it in terms of dimensional structure, which is common to all phenomena.

If we conduct research and development with a short-sighted perspective, we are often scooped at an unexpected blind spot, and the project may be derailed. However, it is not easy to objectively perceive in what layer of hierarchy our viewpoint is.

This idea of Knowledge Mandala can be applied to any subjects of human activities, and the followings are some of our achievements:

  • Business Mandala, a business package system developed in 2000 for large-scale enterprises with sales of 1 trillion yen or more, with a large number of consolidated subsidiaries
  • Mind Processor Project, conducted in 2004, in which human emotions were viewed as a system
  • Syntactic structures that underlie LOGOSTRON Technology.

Nanasawa Institute continues to apply Knowledge Mandala System to the optimization of a new social system beyond evolution of artificial intelligene, as well as to the creation of optimal economic system in virtual currency society.


Members

NANASAWA Kiyohito, SUGIYAMA Akira, NANASAWA Tomoki, KAI Manabu, ISOBE Wataru, MORIOKA Naoya, etc

Documents

  • Patent: International patent list
  • Document: "Business Mandala" (2000) Brochure list
      • Business Mandala_Message to the 21st century
      • Group management information system_business mandala
      • Business Mandala_integrated database system for group management
      • Business Mandala_modeling system & application
      • Business Mandala utilization guide_consolidated business revolution

Related Projects


JPA_1998254980.pdf