Teleme Cure

壮大なる意識進化の実験プログラム - テレメキア -

Experimental program for grand evolution of conscusness

Concept

日本語の読みとしては「テレメキア」 英語では、「teleme cure(テレメキュア )」テレメトリー(遠隔装置) ・メンタル(心理・精神) ・メディカル(医療) ・メカニカル(機械装置) ・キュア(病を治す、治療)といった、ワードであり「概念」を統合して誕生しました。

テレメキアは、長谷澄夫(プロフィール)によって開発されたHASE Energy Technique (HASE Tech) がベースになっています。長年にわたる治療と治療家指導の経験から生まれた HASE Tech に、七沢研究所の全面的な協力が加わることで完成したのがテレメキアです。

テレメキア = HASE Tech × LOGOSTRON Energy

アナログなHASE Techに、デジタルなロゴストロンテクノロジーを組み合わせて、テレメキア は誕生しました。

長谷澄夫と七沢研究所は何のために、このテレメキア開発に取り組んだのでしょうか。

長谷澄夫は、日本国民の健康のためであり、特に子どもたちの未来のためだといいます。


Members

長谷澄夫、七沢智樹大島英明 etc.

Documents

-

Movies

-

Related Projects



Concept

The word "Teleme Cure", pronounced as "teremekia" in Japanese, was born by integrating concepts represented by the words: telemetry, mental, medical, mechanical, and cure.

Based on HASE Energy Technique (HASE Tech) developed by HASE Sumio through years of treatment activities and therapist coaching, Teleme Cure was completed, with the full cooperation of Nanasawa Institute.

Teleme Cure = HASE Tech × LOGOSTRON Energy

Teleme Cure is a methodology integrating analog HASE Tech and LOGOSTRON's digital technology.

For what purpose did Mr. Hase and Nanasawa Institute work on the development of Teleme Cure?

Mr. Hase says it was developed for the protection of public health, and especially for the bright future of children.

Members

HASE Sumio, NANASAWA Tomoki, OHSHIMA Hideaki, etc.

Documents

-

Movies

-

Related Projects